神社で結婚式をあげる

式場

最近は神社挙式を挙げるカップルも増えてきています。お参りなどに行った際に見かけた方も少なくないでしょう。でも意外と知られていないのが挙式の流れです。一般的に神社挙式はどのように行われるのでしょうか。まずは支度をととのえます。神社挙式では男性は紋付羽織袴、女性は白無垢が一般的です。支度が終わったらいよいよ式を行う本殿に向かいます。これは参進とよばれ、神職と巫女を先頭に新郎新婦、両親、列席者が列を作って歩きます。新婦は新婦の母親によって手を引かれるのが一般的です。本殿に入場すると、神前に向かって右が新郎側、左が新婦側となります。神職から挙式開始の挨拶があり、修祓の儀とよばれる心身を清めるお祓いが行われます。お祓いは新郎新婦はもちろん、列席者全員が頭を下げて受けます。その後、神職から神様へ結婚の報告が行われます。これを祝詞奏上といいます。この儀式の後に行われるのが神社挙式で最も知られている三三九度です。大中小3杯の杯に入ったお神酒を新郎と新婦で口にします。それが終われば誓詞奏上、新郎新婦による結婚の誓いを読み上げる儀式です。多くの場合、新郎が全文を読み、新婦は最後に自分の名前だけを読みあげます。次に神職から受け取った玉串を神前に捧げます。新郎新婦だけでなく、仲人、両親も行う場合もあります。ここまで終わったところで、巫女が雅楽の演奏と共に祝いの舞を行い、親族杯の儀として両家親族もお神酒を頂きます。その後、神職が挙式が終わった旨を神様に報告して、本殿から退場となります。