どんな結婚式をあげたいか

ブーケを持つ人

結婚式場といえば豪華絢爛といったイメージがありますが、近年の名古屋では利用者のニーズにあったバリエーション豊かな式場がたくさんあります。身内のみ、親しい友人のみ、カジュアルなもの、リーズナブルな価格のところなど、結婚するふたりの要望に沿ったかたちのものが選べます。婚礼専用式場は結婚式のための施設なので設備やデザインが凝っています。スタッフたちも、婚礼のマナーをしっかりと身につけており、蓄積された経験があるので、式がスムーズに進行することでしょう。ですが、結婚式場によっては式場のスペースがちいさく、招待できる人がほかの結婚式場とくらべ少なくなることがあります。結婚式場でホテルを選ぶメリットは、高級感とホテルの格式、一流の料理人がふるまってくれる美味しい料理でしょう。宿泊可能なため、名古屋にきたことない遠方の参加者も安心して参列できます。ただし、費用が高額になります。リーズナブルな価格で挙げられるホテルもあるでしょうが、それなりの費用を覚悟したほうがいいです。レストランウェディングというのもあります。名古屋のレストランを貸しきりにして、アットホームな雰囲気の式があげれます。信頼できる料理の味、形式にこだわらないオリジナルな式を楽しめることでしょう。名古屋ではレストランウェディングができるお店がいっぱいあります。レストランウェディングをお考えの方に、まえもって確認してほしい点があります。レストランウェディングは控え室やお支度部屋など、専用の設備がないところもあります。そのため、前もって確認しておきましょう。

神社での結婚式を選ぶ

女の人

最近はレンタル衣装を行っているブライダル業者が増えたことによって、和装の神社挙式を選択する夫婦が増えています。レンタルだと気軽に式を行えるので、かなり人気が出てきているのです。着付けとメイクも行える業者を選択すると神社挙式はよりよいものになるでしょう。

神社で結婚式をあげる

式場

神社挙式は新郎新婦、参列者が一列になって本殿へ向かう参進から始まります。本殿では神職により挙式開始の挨拶、お祓い、神様への結婚報告が行われます。その後、新郎新婦が三三九度、誓いの言葉の読み上げ、玉串の奉納を行い、巫女の舞、親族杯の儀、神職による式終了の報告が行われ、退場となります。

式場を利用しよう

ウェディング

本格的な結婚式を京都で行うときはどんなものがあるのか基本的な知識を知っておくと良いです。チャペルを利用したものは比較的安価で30万円台から、チョットお金が出せるのであればゲストハウスを利用した和の結婚式があります。さらにホテルやレストランウエディングも可能です。